看護師の救急外来って大変?

看護師の救急外来って大変?

私は緊急外来で夜勤専従常勤をしています。

もともと救急などスピード感のある職場が好きですし、常に変化する様子がとても飽きさせません。

救急外来は暇な事は滅多にありません。

たまに救急車がぜんぜん来ない時がありますが、ほとんどは救急車が次々と来て、バタバタと走り回り、気がつくと食事の時間も忘れトイレに行っている暇もありません。

この前は一晩で救急車が10台以上来て、朝にはフラフラになるほど多忙でした。

それでも、このハードな仕事が好きですね。

常に変化する病状や、患者さんの症状や様子を見てだいたいどんな疾患なのか?予想をして、次に何を準備すればよいのか?どんな検査が必要で、今後はどんな流れになるのか?常に経験から考えながら仕事をしています。

自分で考えて、だいたい予想が当たって、仕事がスムーズに進んだり、早い対処によって患者さんが一命を取り留めたときにやりがいを感じます。

先日は内科系に勤める友人に、「よく救急なんて勤めるよね・あんな緊張感が続く所は私には無理。」と言われましたし、他の子にも良く言われます。

多分、向き不向きが激しい職場なのかな?と思います。

1人の患者さんとゆっくりと向き合って仕事をしたい方には向いていないかもしれません。

常に刻一刻と変化のある仕事がしたい方や、急性期看護に興味のある方には向いていると思いますよ。

2015年11月10日|